スタッフの丁寧な指導で
 就職活動の不安を乗り越えた

杉田 周

AMANE SUGITA

年齢:24歳(2019年8月時点)

就職先:日鉄物流名古屋株式会社

障がい名:自閉症スペクトラム障害

職種:事務職

Passo在籍期間:2年

勤務期間:5か月(2019年8月時点)

Q:お仕事は何ですか?

「主に日本製鉄さんで製造された鉄鋼製品を、いろんな場所に運ぶ物流の仕事をしていて、そのための自動車の修理をする整備課というところに配属されています。自動車の修理をするためにはいろいろな部品を使用しますが、その部品を管理する部品庫で部品の状態とか数量とかを調べたりする仕事をしています」

Q:訓練や就職は順調でしたか?

「パッソに入る前は、ここに通ってきちんと就職できるかどうかっていう不安がありました。でも入所してみると、いろいろな社会生活に必要なマナーとかそういうのを教えていただいたり、パソコンスキル、報連相など、様々な仕事に必要な事を学べました。
就職活動は結構大変で、きちんと就職できるかっていうことが何よりも不安でしたが、スタッフさんが親身になって、いろいろ支援をしていただいたことに感謝しています。面接や履歴書についても丁寧に指導していただきました。面接の練習を重ね、面接会に参加して多くの企業を受けました。
今の上司の方にも、仕事のやり方とかを丁寧に教えていただいています。私の所属している課にはいませんが、会社には障害を持っている人も結構いらっしゃるので、理解ある環境だと思います。仕事中、気をつけていても、どうしてもミスをしてしまって、注意されることがあります。提出する前に何回も確認したりして、なるべくミスを出さないように工夫しています」

Q:休日の過ごし方は?

「よく読書をしたり、あとは自転車で遠くまで出掛けていったりしています。自宅は東海市なんですけど、一番遠いところだと安城市のあたりまで、自転車で行ったことがあります」 「今は両親の元で暮らしていますけど、いつかきちんとお金を貯金して一人暮らしができるようにしていきたいと思っています。やっぱり完全に自由になれるっていうところが一番魅力的かなと思っています」

Q:出来るようになったことは?

「報告連絡相談が上手に出来るか、仕事の内容を早く覚えられるかどうか、不安もありますが出来る事も増えてきました。例えば昔は、ミスをした時の報告が出来ませんでしたが、だんだん出来るようになってきました。上司に『きちんと報告してね』と言われて、自分でもなるべく心がけています。
今はとにかく仕事を早く覚えて、ミスを出さないように続けていきたいと思っています」

0120-930-652

mail_outlineメールでのお問い合わせはこちら

※随時見学を受け付けておりますので事前にご連絡ください。

※資料請求などお気軽にお問い合わせください。

卒業生

15

大本 記子 さん

卒業生

14

猪飼 一平 さん

卒業生

13

H・K さん

卒業生

12

S・Y さん

卒業生

11

田仲 智博 さん

卒業生

10

杉山 幸優 さん

卒業生

09

TK さん

卒業生

08

平松 広太 さん

卒業生・スタッフのインタビューの一覧はこちら