僕のために叱ってくれて
素直な自分に変わった

奥村 正人さん

 

年齢:51歳(取材時)

就職先:三菱ふそうトラックバス

障がい名:自閉症スペクトラム

職種:農業

Passo在籍期間:2年2か月

勤務期間:3か月(取材時)

Q:お仕事の内容を教えてください。

農場で野菜作りの仕事をしています。1チーム3人ぐらいで作業をしていますが、他のメンバーも障害者の人たちです。今の時期だと、小松菜とか大根を育てています。農業をやるのが全く初めてで、野菜の特性など勉強することが山ほどあり、勉強する時間が足りないぐらい大変です。でも、何かあったら、すぐ農場長に相談できる環境なので助かっています

Q:パッソに通った日々を振り返ってどうでしたか?

パッソに通い始めたきっかけは、病気で生活保護を受けて何もしない生活だったときに、市 役所のケースワーカーの方から勧められたことでした。最初は、学校みたいかな、と思っていたんですが、実際に通い始めてみたら違ってました。就労移行支援事業所なので、学ぶだけでなく、就職のための授業を受けたり実習に行ったりしました。
最初来た時に、支援員のFさんにいろいろと叱られて、大嫌いだったんですよ(笑)。でもそれがぼくのためを思って叱ってくれているのが分かって、自分も変わってきたんです。しゃべる時に、自分の意見ばかりを言うんじゃなく、周りの状況を見ながら話をすることができるようになりました。授業も指導も役立つ内容のものでした。
パッソで日々学んでいる過程で、今の職場に実習に行く機会がありました。そこで、作業優先ではなく、多様な障害を持つ人の特性を理解し、障害者のことを第一に考えてくれている場所だと実感しました。それで今の仕事に決めました。

Q:今後の目標は、なんですか?

仕事では、いろんなことを聞いても、答えてくれる農場長のような人になりたいです。また、今の仕事では、みんなと一緒に作業していく中で成長できたらいいですね。プライベートでは、パソコンが好きなので、スキルをどんどんアップさせたいと思います。将来的にパソコンの仕事をしたいわけではなく、趣味として、プログラミング言語とかにチャレンジしたいです。

Q:これからパッソに通う人にメッセージを

パッソの授業やスタッフの指導に対して、嫌いとかいいとか、良いとか悪いとか自分勝手に判断せず、まず素直に受け入れ実行するといいと思います。また、もともと誰が言ったかよく知らないんですが、「生きてるだけで丸もうけ」という言葉を座右の銘にしています。皆さんも、生かされていることに感謝して、就職できるようパッソで毎日を過ごしてください。

0120-930-652

mail_outlineメールでのお問い合わせはこちら

※随時見学を受け付けておりますので事前にご連絡ください。

※資料請求などお気軽にお問い合わせください。

卒業生

伊藤 瑞希 さん

卒業生

奥村 正人 さん

卒業生

大竹 一生 さん

卒業生

早川 泰弘 さん

卒業生

S・Yさん

卒業生

千家 裕平さん

卒業生

丹羽 美名 さん

卒業生

山田 祐輝 さん

卒業生・スタッフのインタビューの一覧はこちら