パッソから就職し、お仕事を頑張っている卒業生の皆さんに、訓練中のエピソードや働く楽しさをインタビューしました。

対人関係に自信が持てる様になりました

山本 佳生 さん

年齢:24歳(取材時)

就職先:フタバ産業株式会社

障がい名:アスペルガー症候群

職種:事務職

Passo在籍期間:1年

勤務期間:1年5ヵ月(取材時)

頼られる事がやりがいに繋がる

Q:なぜこの会社を選んだのですか?

一番の理由は職場の方々が優しく接してくれた事。
知人からの紹介で会社を知ったのですが、実際に職場を拝見させて頂いた時の雰囲気がとても良く仕事内容が面白そうだったのでこの会社を選びました。今は各種証明書の発行業務を行っています。慣れない業務で大変でしたが今は要領が分かってきて、やりがいを持って仕事に取り組む事が出来ています。

Q:パッソに通って変ったと思う事はありますか?

大学時代は対人関係やコミュニケーションが苦手で、人と話す時に色々考え過ぎて緊張したりする事があったのですが、パッソに通うようになって色々な人と接したり会話をしていく中で人と話す事にも慣れてきて、色々と考え過ぎていた事に対しても自分の考え過ぎだったのかな?って思える様になりました。今は会話の中でしっかり自分の気持ちを話せているなって感じます。
あとパッソに通って社会人としても変ったと思います。大学では身だしなみや電話対応など、仕事をするうえでの基礎的な知識は学べていませんでした。パッソで社会人としての基礎を実践を交えて身に付けれたことで、自信にもつながり他の人とのコミュニケーションも取りやすくなったのだと思います。

フタバ産業株式会社 課長 飯島 健司 さん

Q:山本さんの職場での様子について聞かせて下さい

採用担当という立場で障がいを持った方に携わった事は有りましたが、職場で一緒に働くという事は過去なかったので、最初は自分でもどう対応したら良いのかなという不安が少し有りました。でも話したり仕事をお願いしていく中で、全然心配する事ないなっていうことを感じましたね。山本君は頼んだ仕事はしっかりやってくれるので、自分の担当以外にも皆から色々な仕事を頼まれるので、どの仕事がどこまで終わったのか仕事の進捗状況が分からなくなってしまう事が有りました。前任の担当者からの提案で、やった事リストというチェックリストを使用する事で、後から見た時に仕事の進み具合がスッと分かるようになりました。それは正解だったなと思いますね。今後は自分からもっと積極的に仕事の進行具合を教えて欲しいですね。

Q:これからパッソに通おうと思っている方にアドバイスをお願いします

皆さんそれぞれに大変な事もあるかと思いますが、頑張った分良い事が待っていると思いますので、少しづつ取り組んでいってください。パッソのスタッフの方々が一生懸命サポートしてくれるので安心して自分らしくいて下さい。また土曜日に有る行事はたまにとても楽しい行事が有るので是非参加してみてください。

0120-930-652

mail_outlineメールでのお問い合わせはこちら

※随時見学を受け付けておりますので事前にご連絡ください。

※資料請求などお気軽にお問い合わせください。

卒業生

大垣 優佳 さん

卒業生

国本 丙賢 さん

卒業生

西田 尚矢 さん

卒業生

鈴木 颯 さん

卒業生・スタッフのインタビューの一覧はこちら