パッソから就職し、お仕事を頑張っている卒業生の皆さんに、訓練中のエピソードや働く楽しさをインタビューしました。

実習が仕事に活きてます。

佐藤 縁 さん

年齢:23歳(取材時)

就職先:共立マテリアル株式会社

障がい名:知的障害・広汎性発達障害

職種:清掃

Passo在籍期間:3年

勤務期間:1年8ヵ月(取材時)

目標はリーダーになる事です。

Q:なぜこの会社で働こうと思ったの?

パッソのスタッフから共立マテリアルを紹介され、十日間の実習をしたのがきっかけです。実習中は大変なことも多かったけど、一生懸命頑張ることが出来ました。パッソに通所中、他の訓練生の方々と一緒にビジネスホテルに清掃の実習に行った事が有ったんです。
そういった経験が今の仕事に活きていると感じる事が有ります。

Q:働いていて楽しい時はどんな時ですか?今後の目標はありますか?

会議室やロビーやトイレなど、ビル全体を私ともう一人の二名で清掃しています。
主に掃除機を掛けたり雑巾がけしたりしているのですが、働いていて楽しい時はひと通りきれいになってきた時が、嬉しくて達成感が出てきます。部屋がキレイになってくるとハッとした気持ちになるんです。
私の仕事は月曜日から金曜日までの間に清掃しなくてはいけない部屋と頻度が決まっていて、何ヵ所も掃除をしなくてはいけないので、清掃し忘れた部屋や場所がない様に間瀬さんにチェックシートを作ってもらって仕事に取り組んでいます。
清掃が終わったらチェックシートにチェックを入れて、金曜日に間瀬さんにチェックシートを渡して清掃した部屋と場所の確認をして頂いています。
今後の目標は、この会社で定年まで働き続けることです。

共立マテリアル株式会社
経営管理部 次長 間瀬 友理恵 さん

Q:社内での佐藤さんの様子を教えて下さい。

生き生きやっておられ、何よりきれい好きでとても楽しくうれしそうに掃除をする姿を見て非常にいい印象を持っています。周りの評価は、おおむね人気者だと思います。雇い入れ時に支援員の方から何を配慮しなきゃいけないのかを共有して頂いているので、みんなが優しく佐藤さんのことを気にかけてくれています。佐藤さんが困っている姿を見てこうしたらいいんじゃないかって提案ももらったりして、他の社員からも気にかけてくれる存在ですね。もちろん細かいミスとか問題はありますが、その都度どうやって配慮したらいいか考えています。雇用しても、すごく困っていることはなく、ただ指導に根気が必要だとは感じています。会社の法定雇用率を満たすことは会社の義務だと思っていますで今後も引き続き障害者雇用に力を入れていきたいです。

Q:訓練生にメッセージをお願いします。

パッソでは朝と昼と終礼後に掃除をする時間が有るのですが、掃除の時間が今のお仕事に活きているなって感じています。他にも訓練生と一緒に動物園に行くイベントに参加したのも楽しかったので印象に残っています。
まだコロナも続いているし世界情勢も厳しいですが、パッソに通っている訓練生の皆さん、就職に向けて頑張ってください。

0120-930-652

mail_outlineメールでのお問い合わせはこちら

※随時見学を受け付けておりますので事前にご連絡ください。

※資料請求などお気軽にお問い合わせください。

卒業生

大垣 優佳 さん

卒業生

国本 丙賢 さん

卒業生

西田 尚矢 さん

卒業生

鈴木 颯 さん

卒業生・スタッフのインタビューの一覧はこちら