パッソから就職し、お仕事を頑張っている卒業生の皆さんに、訓練中のエピソードや働く楽しさをインタビューしました。

自分のペースで就活が出来た。

藤井 稜維 さん

 

年齢:23歳(取材時)

就職先:中電ウィング株式会社 岐阜支社

障がい名:軽度知的障害

職種:事務職

Passo在籍期間:2年

勤務期間:2年(取材時)

Q:この職場で働こうと思ったきっかけは?

パッソのスタッフに紹介してもらって、企業見学に行ったのがきっかけです。その後3日間実習をさせてもらい面接を受けました。この会社の「日本一働きたい会社を目指す」という所にも惹かれました。元々人と話す事が苦手だったのですが、皆さんに良くして頂き今では休憩中に同僚と趣味の話しをしたりして楽しく働くことが出来、チームワークの向上にもつながっています。

Q:パッソに通おうと思ったきっかけと利用した感想を教えて下さい。

学生時代にパッソくらぶ(放課後等デイサービス)に通っていたのでパッソ岐阜校の事は知っていました。高校3年生になって就職先を探していくなかで卒業していきなり就職しても長続きするかどうか?という不安が有りました。高校卒業後の進路をパッソくらぶのスタッフや親と相談して、就労移行支援事業所に通ってさらにビジネスマナーやパソコンスキルなどを学びながらゆっくり就職先を探していこうと思い、パッソ岐阜校に通う事にしました。パッソには幅広い年齢の方々が通ってみえるのでコミュニケーションが苦手だった僕としては、色々な人とのコミュニケーションを取る練習が出来るすごい環境の良いところだと思いました。業務の中で電話対応をする事が有るのですが、パッソで毎朝電話応対の練習を行っていたので、電話に出るときは丁寧な言葉使いで対応できていると思います。

Q:今後の目標は有りますか?

僕は末っ子で今まで愛される側だったので、これからは一人の大人として皆を愛して皆からも愛される、そんな立派な大人になりいずれは結婚をして家庭を持ち大切な人と幸せに暮らしていけるようになりたいと思っています。去年から筋トレを始めて約10キロ痩せる事が出来ました。今後も筋トレを続けて身体も心も強くしていきたいです。

Q:後輩にメッセージをお願いします。

今まで自分が日々学んで積み重ねた知識や努力を信じて踏み出した新たな一歩が自信に繋がるので、一歩でも前へ進む勇気が必要だと思います。人生はマラソンだと思っています。僕はこの会社で働いてまだ2年目ですが、社会に出るのが早くても遅くても長く働き続けることが大事ですので、焦らずに自分のペースで後悔が残らないように頑張ってください。

0120-930-652

mail_outlineメールでのお問い合わせはこちら

※随時見学を受け付けておりますので事前にご連絡ください。

※資料請求などお気軽にお問い合わせください。

卒業生

森 宥磨 さん

卒業生

大垣 優佳 さん

卒業生

国本 丙賢 さん

卒業生

西田 尚矢 さん

卒業生

鈴木 颯 さん

卒業生・スタッフのインタビューの一覧はこちら